トイレのつまりを直しましょう│簡単にできる直し方

家

つまる原因とは

お手洗い

トイレのつまりの原因は、大量のトイレットペーパーを流すということで起きてしまいます。そうなると、水を流すことができなくなり溢れてしまいます。トイレのつまりは自分で簡単に直すことができるので、できるだけ自分で直すようにしましょう。直す前に、被害が広がらないようにしておくことも大切です。設置されているトイレがウォシュレット付きの場合は、プラグを抜いておくと良いでしょう。何故このようなことをするのかというと、これ以上タンクに水を増やさないようにするためです。この製品はセンサーが反応して水を流すというものが多く、電源が入ったままだと何度も水を流してしまいます。そうなってしまうと作業を行なうことができません。また、水が増えるだけでなく、プラグが入ったままだと感電する可能性がでてきます。ですから、プラグを抜く時は必ずゴム手袋をして、外したプラグを濡れた床に置かないようにしましょう。ウォシュレットが付いていないトイレの場合は、止水栓を閉めて水が溢れないように気をつけるようにします。このように事前準備をしてから、トイレ修理業者に依頼すると良いでしょう。簡単なつまりの時はゴム手袋やバケツを用意して、ラバーカップや火バサミを使用すれば簡単に直すことができます。万が一、簡単に取ることができない場合は、重曹や食物酢なども準備すると良いです。これらがあればつまりも解決することもできますが、それでも解決しない時は専門的な知識を持っている人に修理をお願いすると良いです。得に、排水管に問題があった場合は、お風呂や洗面所の排水管にも問題があるかもしれないため、放置せずに修理に依頼することです。

取り付けをしてもらう

業者

エアコンの取り付け作業は、経験のない人が行なうと上手くいかずに失敗する可能性が高いです。無理せずに取り付け工事などを行なう業者に相談して、取り付けてもらいましょう。

Read More

取り外しのリスク

笑顔の男女

エアコンの取り外し作業は、業者のような専門家でなくても簡単に行なうことができるため、多くの人が自分達で外しています。ですが、万が一失敗してしまうと壊れるかもしれませんので、細心の注意をはらって行なってください。

Read More

換気扇を交換しよう

台所

部屋の中の空気を入れ替えるためには換気扇が必要になります。最近では、激安で換気扇を販売している業者が増えていて、設置にかかる料金も安くサービスをしている所がありますので交換してみてください。

Read More